Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
里帰り

Mejiro Garden

日本に里帰りしていました。と言っても、ポーランドに戻ってきてからもう二週間近くたつんですが・・・

やはり4月の東京は、気候がいい。例年より気温の低い日が多かったようだけれど、私にはあのぐらいがちょうどよかったです。
上の写真は、滞在中に訪れた目白庭園にて。閑静な住宅街にあるこじんまりとした回遊式の庭園で、箱庭的なところがなんとも落ち着く。とてもすてきな所でした。

さて、この里帰りのメインイベントはといいますと・・・






In Kindergarten Uniform

日本の幼稚園で、娘は10日間の体験入園をさせてもらいました。馴染めるかなぁとかなり不安な私でしたが、結果、娘は充実した時間を過ごせたよう。幼稚園側の丁寧な対応も、本当にありがたかったです。
こんな短い期間しか通わなかったのに、最後の日には工作の時間に作ったこいのぼりや母の日のカードなど諸々、そして、同じ組のお友達みんなが写った写真に先生がいろいろと添え書きをしてくれたものをいただきました。

今回お世話になったのは、私が園児として通っていた幼稚園です。卒園以来、なんと40年ほどぶりの訪園(年をとるわけだと実感)。
園庭が広いという記憶がいまだ強くあり、でも自分が小さかったからそう感じたのかしらと思っていたのですが、実際のところ今見ても広々としている所でした。当時のままかと思われる部分もあり懐かしかったです。でも、貸していただいた制服はデザインが変わっていました。今風で可愛らしかった。

さて、こちらに帰ってきてからのこと。日本の幼稚園でもらったミニミニ図鑑を一緒に眺めていると、『藤の花っ』と指さした娘。園庭に咲く藤の花びらを使ってお絵かきをしたので、印象に残っていたようです。
そしてつい数日前、いとこへのバースデーカードにパンダと笹の葉のシールを貼った娘、その横に竹とタケノコを描いていました。日本での散歩途中、竹やぶで顔を出しているタケノコをよく見つけたし、実家でウマウマと旬のタケノコご飯を頬張る私を見ていたからなのかも(ちなみに娘のお気に入りの味は、本物のタケノコでなく”たけのこの里”でした・・・)。

そんなわけで、子どもにとって体験するというものがいかに大切なのかを再確認した今回の里帰り。日本で娘が覚えてきたことを、これからも思い出せるような環境にしていくのは、私の役目なのだと感じています。
[PR]
by chick_pea | 2013-05-19 07:20
<< ご飯 + 海苔 = 赤ちゃんパンダ 4月の雪だるま >>