「ほっ」と。キャンペーン
Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ポニーに乗った日

In a Horse Riding Club -6

随分前からポニーに乗りに行こうと娘に言っていた夫でしたが、先週末にようやくそれが実現しました。







In a Horse Riding Club -1

まずは猫や犬と戯れる。
こんな顔してますが↑、とってもフレンドリーな黒猫。


In a Horse Riding Club -2

こちらの猫はさらにフレンドリー。場所柄、人慣れしているのでしょう。
しかーし、ここで思わぬ事件発生。猫を撫でていた娘、突然ギャーと泣き出す。見ると手の甲には薄っすらと引っかき傷。実際のところ、引っ掻かれたというわけでなく、我が家の猫と違って爪が伸ばしっぱなしだったため、その鎌のような爪先がふとしたことで娘の肌に引っかかってしまっただけのことなのですよ。
しかしながら、生まれた時から猫と暮らしてるのに、そのぐらいで大泣きするとは・・・まぁ、家で引っ掻かれることがないしね。我家の猫らにどれだけ気を使ってもらっているのか(←ちょっと違う?)、娘もそろそろ気がつくといいのですけど。

とにかくこれがきっかけで、娘の機嫌は悪くなる一方。もともと異常に虫を怖がるブーム真っ最中なものだから、虫も見ては泣き、本来好きな犬猫が近づいては泣き、何をするにもイヤだと泣き・・・
ムード回復のきっかけは、庭にあったトランポリンでした(それまでに時間かかったけどね)。”今泣いたカラスがもう笑う”とはよく言ったものだ。


In a Horse Riding Club -3

こっちに来たくてしょうがなかったみたい。わざわざ板と板の間に頭を突っ込んで通り抜けようと試みるも、見るからに無理。なぜ狭いそこを選ぶのよ?


In a Horse Riding Club -4

長い間、我々にくっついていた犬。瞳がほんとかわいいの。


In a Horse Riding Club -5

りんごの花咲く季節の到来。こんなところでのんびりしているだけで、ただしあわせなんである。


In a Horse Riding Club -7

はい、娘の機嫌ももどったところで、ようやく馬の登場です。

まずは手始めに、ズジャという名のおばあちゃんポニー↓に人参をあげてみる。娘は顔を近づけられるとびびったりしつつもうれしいようでした。

In a Horse Riding Club -8

23歳のズジャはもう人を乗せられる年齢ではないため、実際に娘が乗ったのはズオティというオスのポニーです。

a0027495_646275.jpg娘の横について歩いていた夫によると同じ所をぐるぐると回っていたのですが、娘は飽きることなくまじめに取り組んでいたらしい。初ポニー乗りは彼女にとって楽しい経験だったようです。

実はこの日、日本ではこどもの日だったことを後になって気が付きました。いい”こどもの日”になったね。
[PR]
by chick_pea | 2012-05-11 06:54
<< 初夏の花 ちょっと中世気分 >>