Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
苦労ジワのある猫

Kiri

キリをじっと見てみる。目から頬にかけての黒と白の境の部分、黒毛にのっかる白毛の線が小ジワのようで。苦労ジワに見えてならないのは私だけでしょうか。

さらに、キリの目頭に少し見えるもの。これは瞬膜と呼ばれ、まぶたと眼球の間にあるもう一つの薄いまぶたのような膜です。
まぶたは開いているのに、瞬膜の方が体調不良やストレスなどの原因によりきちんと開ききらないことがあります。キリの場合、血液検査・身体検査済みで問題なく、子猫は瞬膜が見えやすいと動物病院の先生から聞いているのだけれど、この常にちょっとだけ瞬膜出っぱなしのキリを見ていると、なんとなく心配してしまう飼い主です。

そして、アゴのあたりに出ては消え、消えては出てのニキビちゃん持ち。人間のそれとは違い、毛がポツポツと黒く汚れてるように見えるのが特徴です。病院からもらった薬(消毒薬?)で拭き取ると自然になくなるし、本人も不快ではないようなのでたいした問題ではないけれど、ニキビがあるときの顔はどうにも小汚く見えてしまうのが難点。女の子なのに・・・

そんなキリですが、桜貝色の鼻はとてもチャーミング。そして、この鼻の色が変化することを知った時は、ちょっと感動しました。高揚すると赤みが強くなり、眠いときは血の気が引いたように白っぽくなる。先住猫は黒鼻なので、気が付かなかったんですねぇ。

以上、キリの顔・覚え書きでした。
[PR]
by chick_pea | 2012-01-29 09:55
<< マドレーヌから思い出してみる 猫型マドレーヌ >>