「ほっ」と。キャンペーン
Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
そら豆がいっぱい

Broad Bean Hummus


どうも雨の多い今年の夏。他の欧州の国々もそういうところが多いようなので、しょうがないかとあきらめつつも、いや、あともう一回ぐらい夏らしい夏をたのむ!と思っている今日この頃です。
そんな不満が少々ありつつも、いろんな野菜や果物を味わえるいい季節であることには変りない。旬の美味しいものの中で、一生分をこの夏で食べつくしてしまったのではというほど消費しているのが、そら豆です。
実のところ、特別そら豆好きというわけでなく。日本に住んでいたときのそら豆の記憶といえば、天ぷら屋さんで食べた美味しい変わり揚げの具がそれだったよなぁということぐらい。

不思議なことにフィンランドではなぜかそら豆を見かけない。そうなると、食べたい気持がどんどん募って・・・人間とはないとわかると無性に食べたくなる勝手なイキモノなんである。
そら豆にあまり馴染みがない東北出身の母(だから私も実家で食べる機会がなかったわけだ)によると、九州出身のお友達は旬になれば懐かしがってよく買っていたと言っていたので、気候的な理由もあるのかもしれません。といっても、北国ポーランドでは生産されてますが。

ポーランドでは、鞘から出した状態で売られています。半キロ入りや、必要量のみ購入というのもありますが、ぎっしり袋に1キロ分というのが主流だと思います。お値段は時期にもよりますが、1キロ6~7ズウォチぐらいか(200円しない〜)。
鞘から出すという作業が旬を感じる一つの楽しみといえるのでしょうが、思いの外、お豆さんの量、少なっという悲しい結果に陥ることが多々あるであろうそら豆。その点では、鞘なしドンと1キロ分はなかなかありがたいものである。
ただ鞘から出してしまうと、薄皮が黒ずみやすいようで。そのため買ったらすぐに大量消費必至(笑)。

我が家は茹でたものに塩とオリーブオイルをかけて、あっさり食べることが多いです。でもそんな食べ方ばかりもなんなんで、そら豆のフムス(英語のレシピ)を作ってみました。フムスといえどタヒ二が入っていないので、もうそら豆そのまんまって感じ。作った翌日の方が味が馴染んだのかより美味しかったです。

そら豆ばっかり食べていると、懐かしいのが、この季節のフィンランドでどこにでもあった鞘つきえんどう豆。こちらではなぜか見かけない。市場で鞘なし1キロ分の袋は一度見たことがあったけれど・・・
あー、ないと思うと、あのえんどう豆が無性に食べたくなるわ〜。人間とは(いや、私とは、か)かくも勝手なイキモノなんである。

夏に食べている物の写真、他にも撮ったので、ちょこちょこUPしていく予定です。
[PR]
by chick_pea | 2011-07-30 05:58
<< 夏の赤と白 ボヨとの時間 >>