Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
和名は、キクニガナ

Chicories


先月、ワルシャワの市場にて。連なる八百屋さんの店先で意外なほどよく見かけたのが国産であろうチコリ。冬もそろそろ終わりといえど根野菜が多く並ぶ中、ひときわ目立った箱入り娘風な色白さん。苦みのある野菜が好きな私はもちろんお買い上げです。
ポーランド人にとっては馴染みのある野菜という印象はなかったので、どうやって料理するのかと考えつつも、子供の時に食べた記憶のない、ましてや20年ぶりこの国に再び住むこととなった夫にたずねたところで知るよしもなく・・・

さて、チコリといえば作るのが決まってサラダ。オーブン焼きやグラタンに使ってみたいと思いつつも、いつも生のままでして。我が家の定番サラダの一つは確か、ジェイミーオリバーのレシピを参考にしたのではなかったか。
お薦めなので、簡単に書いておきます。ニンニク・アンチョビ・オリーブオイル・レモン・塩・胡椒をすり鉢ですり混ぜてドレッシングを作り、チコリにケイパーを加えてそのドレッシングとともに和える。苦酸っぱいなかにアンチョビのコクが感じられるサラダです。

そして、別のサラダも作りたいなぁと思っていた矢先、ふとぺらぺらとめくっていたケンタロウさんのレシピ本で、”菜の花のごまマヨネーズあえ”を見つけました。あぁ、菜の花・・・
よし、苦みつながりで代わりにチコリを使うべし、と早速作ってみたところ、これがなかなか美味しかったです。あえごろもが、白練りゴマ(私はタヒニで代用)、白すりゴマ、マヨネーズ、牛乳に醤油と和風(?)っぽい。初めて作ったときは、菜の花同様にチコリを茹でてみたのですが、これは肝心の苦みが弱くなってしまい、生のまま粗く千切りにする方が好みでした。

しかしながら、火を通した食感自体は好きだったので、煮浸しもいけそうである。いろいろな料理に挑戦してみたいのですが、旬はもうじき終わるよう。再び市場に出向いたところ、チコリを扱っているお店が減っていました。
残念だけれど、冬が去った今、次第にいろいろな野菜や果物が出回るようになるわけで。これからそんな旬の食材に出会えるのが楽しみです。
[PR]
by chick_pea | 2011-04-15 01:13
<< 窓辺 祈り >>