Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
マントンの旧市街

Old Town in Menton -7

マントン(Menton)の旧市街から垣間見た景色。奥の方にイタリアとの国境があります。

この旅行に出る前、夫はニースから滞在先のB&Bまでの車のルートをグーグルマップにてチェック。そして私にそのマップを見せながら、目的地は山の中だと言う。でも海が目の前にあるのに山があるという意味が私にはさっぱり理解できなかったのですよ。
ようやくわかったのは、着いてから。そうか、こういう地形があるんだと思い出したわけです。起伏の極めて少ない地に住んでいるワタクシ、高速道路の高架橋に驚いたと先にも書きましたが、この山にも興奮いたしまして。
こういうのすごいよね!、なんて夫に鼻息も粗く言ったところ、いや日本だと伊東(静岡)とかそうじゃない?、なんてガイジンに教えられちゃう始末。あぁ、そうねリゾートつながりだし、伊東、私は行ったことないけど、そうなのかもとなんとなく納得した次第です。

前回のヴェンティミリアの旧市街と同様、小高い丘の斜面に家々が建っているのですが、雰囲気はかなり違う。やはりフランスのリゾート地であり観光地化しているというのもあるでしょう、建物のメンテナンスが良い(先にイタリアの方を見たから余計そう感じる)。そして建物自体が低めなのか日の光が入りやすく、外壁が柔らかなアースカラーであるため全体的に明るいのです。
夫は、マントンの方がいいって言ってましたね。住むのなら、正直、私もそう。やはり明るさは大切だ。ただヴェンティミリアの方がぐっとくるものがあり、訪れることができてよかったという気持ちはより強いのですけど。




Old town in Menton -1

一枚目の写真の向こう側から旧市街を見ると、こんな感じ。パッチワークのような家々がかわいらしい。

では、ちょっと路地めぐり。

Old Town in Menton -3


Old Town in Menton -5


Old Town in Menton -6


Old Town in Menton -8


Old Town in Menton -9


Old Town in Menton -11

マントンでは毎年夏にクラッシックの音楽祭が開催されるそうです。ここがその会場。三方を建物に囲まれ結構こじんまりとしていますが、残りの一方は地中海にのぞんでいるため開放感があり、とてもすてきな空間です。写真の左側と撮る私の背後にある建物は普通のアパートかと思われる。住人たちはタダでステージを見下ろし、演奏会の音に耳を傾けられるわけですか。なんともうらやましい。

さて、最後は滞在中に食べたものについて書きたいと思っております。あの旅はもう一ヶ月前のこと!早く書き終えなければ・・・
[PR]
by chick_pea | 2010-09-12 22:11
<< 旅の間の食あれこれ ブルーベリーの秋色チーズケーキ >>