Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ぺったんこモモ日和

Flat Peaches


暑くて眠れないような夜は過ぎましたが、相変わらず暑い日が続いています。そんな例年と違う夏、今年はまっている果物があります。それは桃。
まず夏を避けて里帰りの時期を決定するほど、蒸し暑いのが苦手な私ですが、そこで一つ非常に残念なことがある。それは日本の美味しい桃の旬を逃してしまうこと。でも今年は出会えました、うっとりするような桃に。ここフィンランドで!日本の桃の味と似ているとは聞いてはいたのに去年は買う機会を逸してしまい、でも今年は家の近くのストールでもスペイン産のものを扱っているので気軽によく買っています。

実際この桃、写真で見るとおり、甘美という言葉からはほど遠い容姿、色気なくつぶれております。ヨーロッパの桃は品種が違うからしょうがないのだけど、日本の桃ほどは甘くなくジューシーでもない。しかもフィンランドには味の良い桃はあまり入ってきませんから。でもこの平たい桃は中国原産らしく(う〜ん、この味、納得)、それがフランスなどで生産され現在広まっているみたい。そういうわけで、フィンランドでも一部の売り場で見かけるようになりました。

今年の暑さもあり、この熟れた甘〜い桃を一口ほおばると、なんだか日本にいるような気分になります。
それで思い出したのが桃の葉。子どもの頃、母が葉を煮だしてあせもローションを作ってくれたものでした。お風呂上がり、冷蔵庫に入れ冷えたそれをコットンにふくませあせもの患部にぱたぱたと。ひんやりとして気持ちよかったし、どことなく甘くさっぱりした香りも好きでした。懐かしい夏の思い出の一つです。
[PR]
by chick_pea | 2010-07-23 05:00
<< 夏の冠、ベリーのパブロバ 本物の夏 >>