Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
光村図書の記憶
フィンランドには、当然ながら日本の本屋も古本屋もないです。だからふと日本語の本が読みたくなっても立ち読み(買えって?)しに行くことができません。
特に日本からどうしても送ってもらいたいほどの本じゃないときは、なおさら本屋がないことが寂しい(日本大使館で日本の本が借りられるらしい。前在住者が残していった物なのではないかと思うんですが)。
そういう状況だからこそか、昔読んだものをふと読みたいなーなんて思うことが最近多いです。あっもしかして単に年のせい?

今日の朝日新聞のサイトに載っていた記事。国語教科書から消えた名作の復活本が出たらしいです。私が小学生のときは6年間光村図書のものを使っていたはず。
光村ライブラリー全18巻
この出版社のサイトで、収録作品が全て見られます。
チェックしてみたところ私がタイトル名か作者名を見てなんとなく読んだことを思い出せたのは、このあたり。

手ぶくろを買いに(新美 南吉)ーこれは書籍で読んだのかも。ストーリーは?
母ぐま子ぐま(椋 鳩十)ーこの作家はよく覚えてるけど、ストーリーは?
田中正造(上 笙一郎)ー実は一番インパクトあったかも
雪(三好 達治)ー2行詩

記憶力悪いなあ。ただ昭和46〜平成12年度版の教科書に載っていたものから選ばれたので、読んだ事のない作品の方が多いだけなのかもしれないけど。
教科書ってほとんど捨てちゃったんで、実家に国語の教科書は残ってないような気がします。かなり後悔・・・

詩がすごく好きな子どもだったわけではないけど、「雪」という詩は短いしよく覚えてます。先生に暗唱させられたからかも。

太郎を眠らせ太郎の屋根に雪ふりつむ
次郎を眠らせ次郎の屋根に雪ふりつむ

この感覚、音を吸収する雪のイメージって日本的だなと感じます。ヘルシンキのそれはちょっと違う。こちらは寒いけどあまり積もらないし、雪が降ることでまわりが明るくなるというイメージの方が強いです。

ずいぶん先の季節の話を書いてしまいました。でも、こちら、もう電気をつけて朝ご飯を食べている状態なんですよ!天気が悪いというのも理由の一つなんだけど・・・
[PR]
by chick_pea | 2004-09-29 20:20
<< SATSUMA・みかん コンパスは使ってません >>