Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Juhannus/夏至祭

Juhannus / Midsummer

ユハンヌスという夏至祭のあった先週末、一般にコテージで過ごす人が多いため、私の住むアパート周辺も路上に駐車している車がほとんどなく、道を走る車も人通りも少なくてとっても静か〜でありました。この週末を境に、フィンランドは夏休みモードとなります。

写真の野花は、金曜日の午前中、スーパー(夏至祭前日は午後から閉まるところ多し)からの帰り道に購入。先日買った矢車菊のお値段は10ユーロ(換算すると千円ちょっと。って、今更ながらそこまでユーロ安になってることに気がついた。大丈夫かいな、ユーロちゃん)。一束の値段としては普通でしょうが、そこら辺に咲いてそうな花の割には高いなというのが正直な感想でした。
で、今回買ったものは、ムラサキツメクサのみの束とその他の花々にブルーベリーの葉っぱが混ざった束です。二束で4ユーロなり。安っ。これはもう明らかに、売ってる人が森から摘んできた原価ゼロのものなのだろうな。

こんな素朴な花を飾って迎えた静かな週末。個人的には、ちょっと困ったことが発生しました。
実はその数日前から朝起きると、どうも呼吸をするのが苦しく、でも起き上がってしばらくすると普通にもどるというのがありました。そして日曜日の朝三時過ぎ、呼吸困難で起きてしまった私。苦しいわ、喉はヒューヒューゼーゼー鳴ってるわで。この音、子どもの頃に喘息持ちだった私には聞き覚えがありました。喘鳴というものです。小児喘息はとうの昔のことなのに今、ナゼ?結局、そのときは落ち着くまで2時間以上かかり、その後ようやく眠りにつくという始末。そして翌日も同じ経験をしたため、続けて3日はたまらんと病院に行ってまいりました。

胸と背中に聴診器を当てた先生曰く、喘息性のものですね、と。これだけしっかり音が聞こえるのに、見た目は平気そうだし普通にしゃべれるのねぇとちょっと驚かれました。ほんと昼間は全然元気なんです。自分でも不思議。
親戚で喘息持ちの人がいるので遺伝かもしれないのですけど、今回は花粉が原因の可能性が高そう。今年は特に花粉の量が多いとのことなので。

日本に住んでいたときは花粉症持ちで、スコットランドではその症状が出ず。そしてフィンランドでは毎年ではないがあらわれ、その症状の筆頭は日本では出た経験のない咳だったりする。花粉の種類が違えば、症状もまた然りってことなんですねぇ。
私の場合、この国での花粉症はもともと弱い気管支にくるらしい。しかし、まさか花粉で呼吸困難に陥るとは・・・

さて、処方してもらった薬を服用したところ、おかげさまで夜中起きずにすみました。とりあえず、ほっ。花粉の飛ぶ時期が過ぎれば、この病気も治まるといいのですけど。
ところでその後、この活けたお花からもはらりと花粉が落ちていることに気がつきまして。これぐらいの量が原因にはなるまいと思いつつも・・・むむむ。
[PR]
by chick_pea | 2010-06-30 23:56
<< 夏向きでない家 村の鍛冶屋 >>