Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
弥生月、恒例となるか?ちらし寿司

Chirashi-zushi(ちらし寿司)


ひな祭りの日に作ったちょっと変わったちらし寿司。一見、そぼろ弁当のようですが、下に隠れているご飯はすしめしです。
去年のひなまつりの頃、来年は娘のためにミニてまり型のちらし寿司を作ってみようか、なんてことをブログ記事に書いたのですが、予定変更。やはり、炭水化物系にあまり食指の動かない娘のことだから、食べなさそうな気がしたので。
そこで、以前から興味のあったちらし寿司を、もはや自分のために作ることにしたのでした。

で、悲しいかな、それは大正解・・・
娘、ほとんど口にせず。でも翌日、残ったすしめしを海苔巻きにしてランチにだしたら8割がた食べてました。食べ慣れた海苔巻きと違い、見慣れぬちらし寿司の形状がだめだったと思われる。花型にんじんも同様で、どうやらにんじんと見なさなかったようで興味なし。かわいいお花っ!パクッ!なんてのはまだ先のようです・・・いやはや、ほんと難しいですわ。

さて、参考にしたレシピと違う点は以下の通り。

その1:真ん中の緑の部分、スプラウトがスーパーで売っていないので、クレソンで代用。以前はあったんですけど、人気なかったのか消え、以後そのまま。また売って欲しい!
蛇足ながら、ほんの一時期、シソ(と思われる)のスプラウトが売られいたことあり。高い値段設定と認知度の低さのためか見事売れ残り枯れてましたね。それ陳列棚に置かれたまま(←放置とも言う。ここら辺、かなりフィンランド的)。

その2:すしめしに甘辛のお肉を半分混ぜ(残りは上にのっける)、みじん切りにしたガリも加える。このガリ、レシピでは自分で作ってみようってことだったので、そうしてみたらえらい辛くって。新しょうがでなく普通のしょうがを使ったのがまずかったのでしょうか?
結局、市販のものを入れました。ガリはある程度大きなスーパーなら普通に売ってます。昨今の寿司作ってみようブームで。

その3:使ったお肉は、牛ではなくトナカイ。
これ、別に奇をてらったわけではなく。細切れの牛肉を見かけないため、それに代わるものとして冷凍のトナカイ肉が適していたからです。切り落としのような肉をまとめて冷凍したものなので、しぐれ煮にはぴったりなのだ。
クセは牛肉よりも少しあるけれど、ショウガで甘辛く煮ると、私は気にならず。これはなかなか使える食材であります。

考えてみると、娘、ミニ手まり型にした方が食べていたのかも。おにぎりに似てるし。よし、来年こそは・・・猫型にしたら食べてくれるかなぁ。
[PR]
by chick_pea | 2010-03-08 06:40
<< この日のためのロールケーキ ピンクのラナンキュラス >>